<やっぱり韓国的コメント>
 
韓国サムスンの売り上げ、利益が大幅に減少したようです。主力製品のスマホの売り上げ減少が響いている様子。とは言え、4半期利益が7200億円と、とてつもない数字を出しています。

 今後、スマートフォン市場が伸びるとは思えず、また、低価格で競争してくる中国企業などの影響で売り上げが伸びるとは思えないことを考えると更なる売り上げ減、収益源も考えられます。

 特に売り上げの減少以上に収益が減っているところも注目すべき点かもしれません。

 一因となっているウオン高についても、是正される可能性は低く、逆にウオン高が進む可能性も指摘されており、明るい材料を探しにくい状況です。

 今後は更に売り上げ、利益共に下がる可能性が高いと個人的には思いますが、、、。サムスン電子は韓国の経済に大きな影響を与えることを考えると、韓国の中で一番注目すべき点なのかもしれません。


以下が、今回、参照した記事です。

韓国サムスン電子が大幅減収減益 4~6月期、スマホなど販売不振にウォン高で(msn産経
2014.7.8 11:54

韓国のサムスン電子が8日発表した2014年4-6月期の連結決算(暫定集計)によると、営業利益は前年同期比で約24・4%減の約7兆2千億ウォン(約7200億円)だった。前年同期比での営業利益減少は3四半期連続。売上高も約9・5%減の約52兆ウォンと減少した。

 減益幅は証券業界などの予想よりも大きかった。聯合ニュースが「サムスンの成長の勢いが、くじかれたのではないかとの憂慮が拡散している」と伝えるなど、韓国輸出産業のけん引車の大幅な業績ダウンが注目されている。

 同ニュースによると、四半期売上高が前年同期を下回ったのは05年4~6月期以来約9年ぶり。

 ウォン高が進んだほか、主力製品のスマートフォンやタブレット端末の販売が減少したことが大きく響いたとみられる。14年4~6月期の部門別の業績は公表していない。(共同)


http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140708/biz14070811540003-n1.htm
お薦め記事(外部サイト)


更に韓国情報を探す→人気ブログランキングへ