韓国が整形大国だとは思っていましたが、、、容姿が全く関係ない実力の世界のはずのスポーツ界にまで問題があるようです。


容姿に問題があるということで韓国ではスポンサーがつかないとのこと。スポーツする人をアイドルか何かと間違っているのではないかと思います。


そういった人達が日本に来て成功することは微妙な感じもしますが、いっそのこと、日本国籍を取って帰化してはどうかと感じる。本来の実力を認めない国にいてはもったいないと個人的には思います。


どこか勘違いしていると感じた方はクリック→


実力があってもブサイクだとダメ?韓国女子ゴルフ選手が語った「整形大国」の実情―韓国(Record China 2014年8月1日、騰訊は記事「悲痛!韓国女子ゴルフプレーヤー、ブサイクだと整形を勧められる=日本に移り成功」を掲載した。

2010 年に韓国人として初の日本女子プロゴルフツアー(JLPGA)賞金王となった韓国の安宣柱(アン・ソンジュ)。日本に活躍の場を移したのには悲しい理由が あった。韓国でもトッププレーヤーとして活躍したが、外見が美しくないという理由で人気は低迷。スポンサーもつかなかった。安選手は「韓国は外見至上主 義。選手の技術より外見ばかりを重視する。ある企業は整形するよう言ってきた。だから日本行きを決めた」と話す。

日本でも外見は大きな要 素だが、それ以上に実力が評価される。安選手は日本で実力を発揮、人気を勝ち得た。現在26歳の彼女は30歳で引退したいと話している。実力がピークのう ちに引退し、その後は普通の女性として生きたい、と目標を語った。「整形大国」で冷たい仕打ちを受けた彼女だが、日本に移った今、もう外見を引け目に感じ ることはなくなった。(翻訳・編集/KT)


http://news.livedoor.com/article/detail/9107307/
お薦め記事(外部サイト)


更に韓国情報を探す→人気ブログランキングへ